生理痛でもう悩まない

生理痛時におなかを温めるのは良いのか

生理痛とは、生理が始まる直前から生理中に起きる腹痛、腰痛、吐き気などの不快な症状全般の事を言い、特に出勤や通学が出来ない程著しく日常生活に支障が出る場合を月経困難症と言います。生理痛に苦しめられている女性の割合は、特に症状がひどい場合でも女性の5人に1人にのぼり、何らかの不快感を感じている人を加えると、女性の8割程度にものぼると言う数字もあります。生理痛が起きる仕組みとは、どういう仕組みなのでしょうか。妊娠に備え、子宮は受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚く、フカフカの状態にします。しかし、妊娠が成立しなかった場合、必要なくなった内膜は剥がれ落ち、経血となって排出されます。この経血が排出される時期を生理と言います。生理中には、剥がれ落ちた内膜が体外へと排出されやすいように、プロスタグランジンと言う子宮を収縮させて経血の排出を促す物質が分泌されます。このプロスタグランジンの分泌が過剰だったり、冷え症の為に血液の循環が悪くなったりする事により、生理痛が起きるケースが多いのです。生理痛の解消の為、自分で出来る事としては、まず第一に身体を冷やさないようにする事です。これだけでも随分と痛みを解消する事が出来ます。具体的には、腹巻きをしたり、腹部にカイロをはる事です。血液の循環が良くなれば、経血をスムーズに排出出来るようになり生理痛が軽減する場合があります。日頃から軽い運動等をして、冷え症を改善するのも効果的です。ただし、これらの対策をしても、全く効果が無かったり、市販の鎮痛剤がまるで効かないと言うような人は、産婦人科等の専門の病院を受診した方が良いでしょう。子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科系の病気が生理痛の原因になっている場合があります。放っておくと、不妊症などの原因になる場合もあるので、なるべく早く専門医に相談しましょう。

生理時に食べてはいけないもの

女性にとって毎月くる生理はある意味戦いでもあります。生理痛が重かったり、経血量が多かったりするのも人それぞれで悩みは違います。そんな生理中の不快な症状を普段の食事で少しでも和らぐのなら、試してみる価値はあると思います。生理中はホルモンの影響で血流が悪くなり、生理痛が出たり手足が冷えたり腰痛が出たりします。つまり、そのような症状を更に悪化させてしまうのは、冷えを助長するような食べ物、子宮を収縮させるような作用がある食べ物ということになります。まず、アイスクリームや冷たい飲み物は体を冷やすというのはすぐに分かることだと思います。お菓子が好きな人なら毎日でも食べている人もいるチョコレートは、血管や子宮を収縮させる成分が入っています。簡単で便利なインスタント食品は添加物が多く血流を悪くさせる上に栄養もほとんどありません。生理痛が毎回辛い人は日頃から食べない様にすることも大事です。生理中は体の代謝機能が低下しているので、アルコールを摂取するのも控えた方が良いです。アルコールを分解するための肝臓への負担が大きくなります。乳製品はエストロゲンを増やすので生理痛の悪化につながると言われています。逆に、生理中に食べた方が良いものとしては、ホルモンバランスを整えて、血流を良くする食べ物という事になります。大豆製品はイソフラボンを多く含んでいるのでホルモンバランスを整えるのに役立ちます。
DHCやEPAを多く含む青魚もホルモンバランスを整えてくれると共に血流を良くしてくれます。カボチャや豚肉、海藻類もおすすめです。貧血状態になりやすい生理中には鉄分も摂りたいのでプルーンも積極的に食べた方が良いです。温かいココアやハーブティーも血流をよくするだけでなくリラックス効果も得られるので、生理中の不快な気分も静めてくれます。

未然に生理痛を抑える方法

生理痛が酷いと寝こんでしまい、学校や会社を休まざる負えないケースもあります。同じ女性でも生理痛の感じ方には個人差があり、全く痛みを感じない方もいれば、激痛を伴う方もいます。痛みの感じ方に大きな差がある為、同性の女性にも生理痛の辛さを分かってもらえず、悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。そもそも、なぜ生理の時に痛みを感じるのかというと、「プロスタグランジン」という、ホルモンが関わっています。プロスタグランジンは生理中に分泌されるホルモンなのですが、子宮の収縮を強める作用を持っている点が特徴です。プロスタグランジンが多く分泌されればされる程、子宮がギュッと収縮するので生理痛を感じやすくなるのです。陣痛時にも分泌されるホルモンですので、キリキリとした腹痛を感じやすいと言われています。プロスタグランジンは女性なら誰でも分泌されるホルモンです。しかし体や子宮が冷えていると、プロスタグランジンが長い間子宮に留まる為、より痛みを感じやすくなります。ですので、生理痛を未然に抑えるには、日頃から体を温めるケアが大切です。血流の流れをスムーズにする事で、子宮の血管収縮も抑制できるので、生理痛の緩和に繋がります。体を温めるにはシャワーだけで済ますのではなく、ゆっくり湯船につかるのがお勧めです。この他にも、ストレッチなどで体をほぐす事も、冷え性対策になります。また、カフェインは血管を収縮する作用がある為、日頃から摂取しすぎると冷えから、生理痛に繋がるかもしれません。体を冷やさない為に、温かい飲み物を飲む場合は、カフェインを含んだコーヒーなどではなく、リラックス作用もあるハーブティーがお勧めです。
●生理痛の緩和にこのピルが日本で売れています
トリキュラー
●悩める女性の方に
生理不順改善のお薬はこちら