生理痛でもう悩まない

生理痛と多くの思考の沸点や体重増加との関係

女性は毎月生理が来ますから、程度はそれぞれで違うものの生理痛のことを考えるとそれだけでも気が重くなるものです。特に生理前や生理中に関してはイライラしやすくなってしまいがちで、感情の沸点が下がりがちです。怒りたくないのに八つ当たりしたり、些細な事で感情が爆発したりします。それに、この時期はホルモンバランスの関係で体重増加もしやすくなります。

生理痛や体重増加もPMSと呼ばれる月経前症候群の一つに良く挙げられます。ホルモンバランスの変化で体に栄養を蓄えいようとするので体重増加しやすくなるのですが、人によっては1~3kgほど変化があるぐらいです。とはいえ、この時期の体重増加に関しては水分量が増えているだけなので、生理が終われば解消される事が殆どです。生理痛に関してはイライラや沸点低下の原因になっているのですが、腰やお腹、人によっては肩や頭の痛みも出てくるぐらいですから、余りに痛みが酷いようなら横になっているだけではなくて、婦人科など適切な科で診察を受けるようにしましょう。

女性ホルモンの変化は大体3つのサイクルに分けるとわかりやすいです。生理期間中と、生理終了から排卵日まで、排卵後から生理日の3サイクルです。PMSの時期はこのサイクルの三つ目の排卵後から生理日までの約2週間ほどになりますから、その時期は自分自身でも沸点が下がりやすいのだと自覚しておくと心も落ち着けやすいです。また、パートナーにもPMSの事を伝えておくだけでも随分と過ごし方は変わってくるものです。生理痛は体調が悪くても我慢するしかないと耐えるばかりではなくて、必要に応じて症状を軽減できるようにしておいた方がもっと快適な過ごし方が出来ます。