生理痛でもう悩まない

生理痛や膀胱炎の悩みと眠気は症状のお知らせサイン

女性が抱える体の悩みは本当に多いです。その代表として生理痛があります。女性の7割がこの生理痛に悩まされています。なぜ、生理痛があるのか、それは血流が悪くスムーズに排出出来ない事でホルモンの過剰分泌が起こる事で子宮が強く収縮するからです。中には遺伝や体質で子宮の入り口が狭い事も痛みの原因になります。難しい説明になりましたが、まとめると体の冷えや運動不足、骨盤の歪みから来る血流の悪化と子宮口が狭い事が原因です。毎回生理で悩まされ、そのたびに鎮痛剤で抑えている方は、体質改善で痛みが軽減できるので是非お勧めします。次に悩ましいのは膀胱炎です。きっと一度は経験するこの症状ですが、膀胱炎には急性型と慢性型があります。急性の特徴的症状は頻尿と排尿時の痛み、眠気、悪化すると血尿や陰部の痛み、発熱、腰痛に繋がります。軽度であれば自然治癒力で治りますが、自己判断せずに病院の受診をお勧めします。安易に捉える事で慢性になって繰り返してします。この膀胱炎も生活習慣によって改善できます。まず、デリケートゾーンは細菌が繁殖しやすい為生理中や性交後、いつも清潔にしておく事が大切です。さらに、水分を多く摂って新しい尿を作り排出する事が大切で、絶対にトイレを我慢しないようにしましょう。又、侵入してきた細菌を撃退する為に免疫力を高める事が大切です。食事、睡眠、冷え改善、ストレス解消で規則正しい生活習慣を心がけると免疫が高まり、身体全体の健康にも繋がります。実は妊娠初期も人によっては生理痛と膀胱炎の症状が出ます。生理前や膀胱炎でも眠気が出ますが、妊娠初期も異常に眠気が来たり、頻尿になったり、下腹部痛があるのは妊娠の兆候でもあるようです。何か体に異常がある場合は一人で悩まず周りの人や医師に相談する事が大切です。